Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

    ナビゲーション リンクのスキップソフトウェア製品一覧
前のページへ戻る

JATIC の 「ソフトウェア製品一覧」 ホームページ

新バージョン 「好転銘柄検索」 (V.4.0.1) リリースのお知らせ

 2017年11月20日から、ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 の新バージョン 「好転銘柄検索」 (V.4.0.1) をリリース致します。 新バージョンには、下記の重要な機能が付け加えられています。是非ご検討下さるようお願いいたします:

  1. システムトレード機能にシステムトレード・ツールである 「好転銘柄検索」、「手仕舞い推奨銘柄検索」 の既存2検索機能に、 システムトレード補助ツールである 「ファンダメンタル指標検索」、及び 「目標株価乖離率検索」 の2つの検索機能を追加。 上記検索機能の追加に対応し、主要10画面を 主要12画面に変更 (2画面追加)。
  2. 「ファンダメンタル指標検索」 は、12のファンダメンタル指標と2つの数理分析指標 (β と σ) による銘柄検索機能 (概要説明詳細説明)。
  3. 「目標株価乖離率検索」 は、4種の目標株価乖離率ランキングと、登録による目標株価乖離率検索、及び目標株価変化銘柄検索機能 (概要説明詳細説明)。
  4. 主要画面「指定銘柄分析」から、目標株価等を含む詳細な 「銘柄情報」 画面の呼出し (概要説明詳細説明)。
  5. 各処理スピード、及び操作性等 (エラー処理含む) の向上

【価格】 「好転銘柄検索」 V.4.0.1: ¥29,400 円、 バージョンアップ版: ¥12,800 円

「好転銘柄検索 (お試し版)」 V.4.0.1 ⇒ 「ダウンロード」 ページへ

新バージョン 「バックテスト」 (V.2.01) リリースのお知らせ

 2016年12月10日から、ソフトウェア製品 「バックテスト」 の新バージョン 「バックテスト」 (V.2.01) をリリース致します。 新バージョンには、下記の重要な機能が付け加えられています。是非ご検討下さるようお願いいたします:

  1. 「売買シミュレーション」 に、「バスケット取引き」 シミュレーションの追加 (概要詳細)。
  2. 各処理スピード、及び操作性等 (エラー処理含む) の向上

【価格】 「バックテスト」 V.2.01: ¥18,500 円、 バージョンアップ版: ¥9,800 円

「バックテスト (お試し版)」 V.2.01 ⇒ 「ダウンロード」 ページへ

JATIC の 「ソフトウェア製品一覧」 

 株式会社・日本先端技術投資では、弊社の推進事業の1つとして、株式投資のためのアプリケーション・ソフトウェアの開発・販売を行っています。 本サイトでは、現時点で弊社が販売しております株式投資のための下記ソフトウェアのご紹介をさせて頂きます:

1) ソフトウェア製品: 「好転銘柄検索」 (V.4)

2) ソフトウェア製品: 「テクニカル分析」

3) ソフトウェア製品: 「バックテスト」 (V.2)

4) ソフトウェア製品: 「ソフトウェア部品」

・ ソフトウェア部品: 「株価データとベータ計算」

・ ソフトウェア部品: 「株式データベース (更新機能付き)」

・ ソフトウェア部品: 「株式データベース」

・ ソフトウェア部品: 「テクニカル指標計算」

・ ソフトウェア部品: 「株式情報取得ソフト」

 上記各製品のリンク先は、「好転銘柄検索」 では該当製品の専用サイトへ、 他の製品ではそれぞれの製品の当サイト内でのサブ・ホームページになっています。 ソフトウェア部品の場合は、そろぞれの部品説明ページにリンクされたいます。以下の本ページでは、各製品の概要について説明しています。

 

ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 (V.4) 概要

基本画面 *

イメージ拡大

*: 基本画面とは、プログラム起動後、最初に表示される画面で、 プログラムが持つ全機能は、本画面を通して実行されます。

その他の主要画面:

 ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 には、専用サイトがあります。そのため、本製品の主要画面については下記リンク先をご参照下さい:

特徴:

 ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 は、 テクニカル指標とファンダメンタル指標を用いた株式の総合分析ツールです。

主な機能:

 このソフトウェアが持つ株式分析機能は下記の4項に分類でき、 投資家の皆様に、株式投資の利益率を向上させて頂けるよう開発されました。

  1. 指定銘柄分析機能: 指定された銘柄 (個別銘柄) への徹底的に多面的な分析機能が可能です。
  2. バックテスト機能: リスク管理、マルチスクリーニングを考慮したバックテストで下記事項を可能にします:

    ・ 個々のテクニカル指標のパラメータ値と売買時期の最適化。

    ・ ファンダメンタル指標とテクニカル指標の最適な組み合わせ。

  3. システムトレード機能: この機能は以下2項に分類されます。 1) システムトレード・ツールにはテクニカル分析使用の 「好転銘柄検索」、「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 の2機能 (2画面) があり、 2) システムトレード補助ツール にはツールを効率よく実行するための 「ファンダメンタル指標検索」、「目標株価乖離率検索」 の2機能があります。
  4. データベース: 東証1部、2部、マザーズ、JASDAQ 全上場銘柄の過去15年間の株価内蔵 (データ更新、上場銘柄登録/削除機能付き)

 

動作環境:

 ・ 動作確認済みOS: Windows10 (64/32), 8, 7, Vista, XP

 ・ メモリー: 256MB 以上の RAM。512MB以上推奨

 ・ HD 空き容量: 1GB 以上

 ・ その他: 日本語 OS 搭載、PDFリーダー、インターネット接続

 

発売日: 2016年11月01日に新バージョン (V.4.0.1) リリース

 

価格:

 DVD版 29,400 円、DVD-バージョンアップ版 12,800 円

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 概要

特徴:

 有用だが、プログラミングの難易度から一般的でないスイング・チャートや究極のオシレータを含む全35種のテクニカル指標、 3種の規則時系列ケイ線、5種の不規則時系列ケイ線、及び相関分析、株価フーリエ変換、 β と σ の計算機能等全6種の特殊分析による多彩なテクニカル分析機能による分析が可能です。

 なお、本プログラムは、ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」のテクニカル分析ツール機能に焦点を合わせた製品です。

主な機能:

 ・ 様々なテクニカル分析ツールによる、株価の多面的解析

 ・ 銘柄グループ編集とグループ内銘柄情報の閲覧機能

 ・ ファンダメンタル指標による銘柄フィルター機能

 ・ 東証1部、2部、マザーズ、JASDAQ 全上場銘柄の過去15年

   間の株価内蔵 (データ更新、上場銘柄登録/削除機能付き)

 

動作環境:

 ・ 動作確認済みOS: Windows10 (64/32), 8, 7, Vista, XP

 ・ メモリー: 256MB 以上の RAM。512MB以上推奨

 ・ HD 空き容量: 800MB 以上

 ・ その他: 日本語 OS 搭載、PDFリーダー、インターネット接続

 

発売予定日: 発売開始済み

 

価格:

 DVD版 13,800 円、Download版 12,800 円

ソフトウェア製品 「バックテスト」 (V.2) 概要

特徴:

 任意の期間 (最長15年) のバックテストを基に、リスク管理を考慮した全 23 種のテクニカル指標のパラメータを最適化し、 その信頼性を検証します。

 なお、本プログラムは、ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」のパラメータ最適化と信頼性検証に焦点を合わせた製品です。

 

主な機能:

 ・ 銘柄グループ編集とグループ内銘柄情報の閲覧機能

 ・ 「リスク管理」 機能 (利益確定法、損切り、保ち日数切り等)

 ・ 利益率やパフォーマンスの観点から実行される、テクニカル

   指標パラメータ最適化と信頼性の検証

 ・ マルチスクリーニング設定を利用した売買シミュレーション

 ・ 東証1部、2部、マザーズ、JASDAQ 全上場銘柄の過去15年

   間の株価内蔵 (データ更新、上場銘柄登録/削除機能付き)

 

動作環境:

 ・ 動作確認済みOS: Windows10 (64/32), 8, 7, Vista, XP

 ・ メモリー: 256MB 以上の RAM。512MB以上推奨

 ・ HD 空き容量: 800MB 以上

 ・ その他: 日本語 OS 搭載、PDFリーダー、インターネット接続

 

発売日: 2016年12月10日に新バージョン (V.2.01) リリース

 

価格:

 DVD版 18,500 円、DVD-バージョンアップ版 9,800 円

株価解析のための 「ソフトウェア部品」 概要

 ここでは、ご自身で株価解析プログラム作成を目指しているユーザーのために、株価解析のための 「ソフトウェア部品」 を紹介させて頂きます。 現在販売しています株価解析のための 「ソフトウェア部品」 は下記の5種類です:

・ ソフトウェア部品: 「株価データとベータ計算」

・ ソフトウェア部品: 「株式データベース (更新機能付き)」

・ ソフトウェア部品: 「株式データベース」

・ ソフトウェア部品: 「テクニカル指標計算」

・ ソフトウェア部品: 「株式情報取得ソフト」

 ソフトウェア部品に共通している特徴を、以下に箇条書きにしてまとめます:

  1. ソフトウェア部品は、dll 実行ファイルとして販売しています。そのため、どのプログラム言語 (ベーシック、C/C++、C#、フォートラン等) にも対応可能です。
  2. ご希望の方には、ソフトウェア部品のソースコードも公開 (有料) しております。ソースコードは C# で開発されています。
  3. 付属データベースの株価・出来高情報は、各銘柄毎に csv ファイルとして提供しています。

ページ先頭へ

次ページへ

前のページへ戻る